・マルチメディア総合研究所・
 

home


aisatu
  ・会社概要
  ・事業内容
  マーケティング・リサーチ
  コンサルティング
  ・案内図
 
 
Copyright 2002 Multimedia Research Institute All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。
このホームページの運用・管理に関するお問い合わせについては、info@m2ri.co.jp 宛にお願いします。
 
 
m2ri
                         '02,10,28
上位5社で94%のシェアを独占
ADSL回線事業者の加入者数調査―

Yahoo!BBがNTT東を抜き 再び首位に
NTTは東西でシェア40%を維持

マルチメディア総合研究所がまとめた2002年9月末段階でのADSL回線事業者の加入者数調査によると、ブロードバンドの代表的なサービスであるADSLの9月末における接続サービス加入者件数422万3,200件のうち、トップになったのは23.9%のシェアを獲得したBBテクノロジーだった。Yahoo!BBブランドで昨年9月から商用サービスを始めたばかりだが、その価格競争力にモノ言わせ、わずか13ヵ月間で100万件を突破し、NTT東日本からシェア1位の座を奪い取った。マルチメディア総合研究所の調査では、BBテクノロジーが01年11月に一旦はNTT東日本からシェア1位の座を奪ったが、その後02年3月にNTT東日本に逆転され2位に転落。しかし今度は02年8月に再びNTT東日本を抜き返すという壮絶なデッドヒートを演じている。
 また大手5社のシェアは合計で94.5%に達する。大手ADSL回線事業者への集中はさらに進み、今後も下位事業者の買収が水面下で進むものと予想される
 

■未だ本格普及が見えないFTTH

 CATVインターネットの加入者数は9月で約180万件。ADSLとの差はさらに開いた。今後も安定した増加は見込まれるものの大幅な増加は期待できない。当面はADSLの伸びがブロードバンド加入者の増大を左右することになりそうだ。光ファイバーサービス(FTTH)も9月にようやく11万件にまで増えたが当初の計画は下回り未だ本格普及の展望が見通せない状況。ADSL回線事業者が12Mbpsの高速サービスを導入し、さらに高速化を図っているためFTTHとの回線速度差が縮まってきたことも不確定要素のひとつだ。本格普及までにはまだ数年を要すると見込まれる。

このリリースは、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等の報道関係者に向けて提供されたものです。報道関係者以外からの掲載内容等へのお問い合わせは御遠慮ください。

■ 掲載時における注意事項

 @実績は数表ではなくグラフ化して掲載して下さい。

 A本リリースに関する出典表記は「マルチメディア総合研究所」として下さい。

■調査概要など、詳細につきましては、弊社広報担当までお問い合わせください。

  マルチメディア総合研究所 広報担当 横田英明・中村成希

    TEL:03‐5777‐0161

    Email:mnakamura@m2ri.co.jp